ジャムウ・ハーバルソープの使い方

ジャムウ・ハーバルソープの使い方【決定版】

ジャムウ・ハーバルソープの泡

 

ジャムウハーバルソープは、あなたもご存知の通りデリケートゾーンや脇、足の嫌な臭いを改善してくれます。
また、VラインやIライン、お尻や陰部の黒ずみを薄くしてくれる効果もあります。

 

「でも、どうやって使えば効果的なの?」
そう思いますよね。

 

せっかくケア効果の高い石鹸を使っても、正しい使い方ができずに効果を実感できなければ意味がありません。
そこで、ここではジャムウ・ハーバルソープの使い方を徹底的に調べました。

 

また、ジャムウ・ハーバルソープを泡立てる裏技や、洗顔パックのコツをご紹介します。

 

ちなみに、公式サイトには簡単3ステップの使い方が載っています。
そちらを先に見たい方は下からドウゾ♪

 

 

ジャムウ・ハーバルソープの公式サイトはこちら→

 

 

ジャムウ・ハーバルソープの使い方【裏技】

 

ジャムウ・ハーバルソープの使い方を教える女性

 

ここでは、最初に一番重要な使い方を説明します。

 

それは、ジャムウ・ハーバルソープを泡立てることです。

 

「当たり前じゃん!!」
「そんなの知ってるよ!!」
って思いますよね。

 

裏技があります。

 

 

ジャムウ・ハーバルソープは口コミや評判でも、泡立ちにくいって声が多いです。
公式サイトでも、泡立ちにくいと公表しています。
(その理由はのちほど)

 

 

ジャムウ・ハーバルソープの表

 

 

そこで、よく他サイトで紹介されている泡立て方は2つあります。

 

@泡立てネットを使う
A手で頑張って揉む

 

言われなくても、上の2つの使い方は知っていますよね。

 

裏技は、アロエ成分を加えることです。

 

実際に、ジャムウ・ハーバルソープを販売している「株式会社ナチュラルプランツ」に聞いてみました。

 

結論は、ジャムウ・ハーバルソープ+ハーバルローション(アロエ成分)で泡立てる、でした。

 

実際に聞いてみた

 

でも、LCハーバルローションは税込み905円します。
ジャムウ・ハーバルソープは税込み2,046円ですので、合わせて3,000円近く払うことになりますよね。

 

安心してください。
アロエ成分ならOKです。

 

amazonや楽天で、200円や300円でアロエローションやアロエエキスを買えます!
もちろん、LCハーバルローションなら美容効果も高く効き目もあるでしょう。
安く済ませたいなら、amazonや楽天をオススメします♪

 

 

どうしてアロエは泡立つの?

 

アロエ

 

アロエにはねばねばした液体がありますよね。
粘度の高い汁です。
あのねばねばによって簡単に泡立つのです。

 

納豆をかき混ぜるとすぐ泡立ちますよね。
それと一緒です。

 

アロエのネバネバの正体は、「ムコ多糖類」といいます。
聞き慣れない言葉が出てきましたね。
ムコ多糖類とは、粘度の高い美容成分です。

 

ヒアルロン酸、グルコサミン、コンドロイチンといった美容エキスが全て詰まっています。

 

アロエの他にムコ多糖類を含むものは、ウナギやすっぽん、サメの軟骨、豚の足です。
でも、豚の足で体を洗いたくないですよね……。

 

だからこそ、泡立てるにはアロエを入れる、これがピッタリの使い方なんです♪

 

 

ジャムウ・ハーバルソープの具体的な使い方

 

洗面器

 

ここでは、ジャムウハーバルソープの使い方を詳しく解説していきます。
実際にお風呂で使う時に、どのような流れで使うのか?
泡立て方のコツやパックの方法も分かります。
順番に使い方を説明していきます!

 

【用意するもの】
ジャムウ・ハーバルソープ、おけ(洗面器)、泡立てネット、アロエ成分

 

 

使う時まで濡らして放置♪

 

浴室に入ったら、一番始めにジャムウハーバルソープを準備します。
ジャムウハーバルソープを湿らせてください。
水に浸しっぱなしはダメですよ。

 

最初に湿らせておくことで、使う時によく石鹸の成分が溶け出して泡立つのです。
湿らせたらあとは、身体を洗う時まで放置でOKです!

 

 

ネットで泡立てる

 

用意しておいたおけ(洗面器)に、両手ですくって2杯分のぬるま湯を入れます。
洗面器の中に、濡らしておいたジャムウハーバルソープと泡立てネットを入れます。
最後にアロエの入ったローションを入れます。

 

そうしたら、あとは泡立つまでかき混ぜるだけです。
モコモコになりますよ。
かき混ぜるコツは、大きく手を回して空気を取り込むようにすることです。

 

もしも泡立ちネットが手元になければ、代用がききます。
例えば、台所の三角コーナーで使うゴミネットです。
きめ細かいネットなので効果的です。

 

あとは、ナイロン製のタオルでもいいです。
ナイロンは硬い素材なので、お肌を傷つけないよう優しく洗います。
泡立てるときにだけ使う方法でもいいですよ♪

 

3分パックで黒ずみバイバイ

 

全身を洗ったら、黒ずみの気になる箇所を泡でパックします。
デリケートゾーンやバストトップ(乳首)、わきの下、膝をスッキリさせます。

 

ここでポイントなのが、パックする時の泡の量です。
部位ごとに適切な泡の量が違います。

 

デリケートゾーン→小ぶりなリンゴ大の泡でパック

 

わき→小ぶりなリンゴ大の泡でパック

 

バストトップ→ミニトマト大の泡でパック

 

ひざ→みかん大の泡でパック

 

3分間おけば十分です。
もし3分で効果が分からなければ、5分に伸ばしてみるのもアリですよ。

 

もう一つのポイントは、パック前にしっかり水分をふき取ることです。
水分をふき取れば、泡のくっつきが良くなって流れ落ちてしまうこともありません。

 

美白効果があるので顔にもたっぷり使えます。
さらに服でこすれてできた原因の色素沈着を治癒してくれます♪

 

 

ジャムウ・ハーバルソープの公式サイトはこちら→

 

 

【公開】スベつや肌にする使い方

 

つやつや肌

 

ここまでの使い方をきっちりやると、デリケートゾーンの嫌な臭いも、黒ずみもしっかり対策できます。
さらに、もっと綺麗なお肌を目指したい!という方は、
泡立てるときにココナッツオイルを1滴垂らします。

 

ココナッツオイルにはお肌の老化を防ぐ抗酸化作用があります。
オリーブオイルよりも熱に強く、劣化しにくく、美容にいいとクチコミで評価されています。

 

この使い方をすれば、よりジャムウハーバルソープが肌の奥まで浸透していき
透明感のあるスベつや肌を目指せます♪

 

 

【疑問】ジャムウハーバルソープの使い方

 

ここからはジャムウハーバルソープの使い方について、疑問点を一緒に解決していきます!

 

Q.生理後もデリケートゾーンに使えるの?

 

A.はい、使えます。
ジャムウハーバルソープは天然由来成分で作られているため、繊細なゾーンにも使えます。
生理後のニオイも解消することができます。
もしも沁みるときは、無理して使わないことも大切ですよ。
また、指の腹の柔らかいところで撫でるように洗うのがポイントです。

 

 

Q.日焼け肌にも使えるの?

 

A.はい、使えます。
夏にはたっぷり日焼けしたけれど、冬は美白したい…
って願望ありますよね。
ジャムウハーバルソープは日焼け肌にも使えます。

 

 

Q.かなりの敏感肌だけど大丈夫なの?

 

A.ワキの下から試してください。
デリケートな肌の中でも、比較的わきは丈夫です。
なので、まずはワキで試します。
平気そうなら、他のところにも使います。

 

 

さいごに

 

ジャムウで元気になった女性

 

これで、ジャムウソープの泡立て方やパックのコツが分かりましたね!
また、あなたの肌をワンランク上にする使い方も知って頂けました。

 

あとは毎日楽しみながら使うことです。

 

1日、2日ではもちろん効果は感じられないかもしれません。

 

1週間、2週間、そして1か月と使っていけば、
臭いは消えて、黒ずみはピンク色に……と実感できるでしょう。

 

恋人や夫との関係は円満になり、新しい出会いにも積極的になれるかもしれません♪

 

少しでも悩み解決の使い方が伝わっていれば幸いです。

 

 

ジャムウ・ハーバルソープの公式サイトはこちら→